プロフィール

ラ・フランス

Author:ラ・フランス
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回CW座談会後編

前編はjimさんのブログの「おぼえがき」 http://jim1192.blog74.fc2.com/

中編は楓さんのブログの「Fleur de cerisier」 http://blog.goo.ne.jp/kaede_015   

後編スタートです。

jim > ラ・フランスさんのパロディシナリオが私は気になります。どうされたんですか?

ラ・フランス > 某サンライズの巨大ロボットアニメを元にオリジナルストーリーを作った気がします、あと幽波紋とか

ラ・フランス > 次の話題に移りたいと思います、竜の出るシナリオです

ラ・フランス > 竜の出るシナリオは以前jimさんにメールで送った気がします

楓 > 竜が出るシナリオ……色々ありますけど一番最初に浮かぶのは、龍殺しの墓でしょうかね

jim > 忙しくてリスト化していないんですが、頂いたメールは保存してあります。
ラ・フランスさんの情報も含めて、結構ありましたね。20作行かないくらいでしたか・・・。


ほろっと > 結構数あるんですね…

ラ・フランス > 竜退治の話の源は結構古く、『ベオウルフ』まで遡れるくらい根源的なテーマではないかと思います

ほろっと > 戦闘をしないで竜が大きなテーマとなっているのは竜殺しの墓くらいかもしれませんね>楓さん

jim > 竜って、自然の脅威って感じがしますね。

楓 > そう言えばそうですね……基本戦いますね

楓 > 個人的に好きだったのが、羊羹色の街と言うシナリオで竜は現れませんでしたが、
ニーベルゲンの歌をモチーフとした龍殺しにまつわるシナリオでした


ラ・フランス > 知らないシナリオです、興味深いです

楓 > ギルドにありますので、お暇なときにでも……面白かったです

楓 > 老兵の歌は、竜の恐ろしさをとても感じたシナリオでした

ほろっと > あの竜は別格でしたね…表現が秀逸です

ほろっと > あれだけは自然を通り越した別の存在だと感じます

jim > 竜が喋るのって、どう思いますでしょうか? みなさん。

楓 > そうですね……ゴブリンとかよりはしっくり来るかもです

ラ・フランス > 魚人語辞典が公式にあるぐらいですから、意思疎通さえできればありだと思います

ほろっと > ゴブリンが泣きますよ(笑)そのとおりだと思いますが

jim > 喋れたら、あんまり脅威に感じないような気が私にはするんですが、自分だけかなぁ。

ほろっと > 確かに辞典もありますし、案外人語を喋るのは普遍的…とまでは行かなくとも良くあるのかもしれませんね

楓 > 「言葉」自体はあっても不思議じゃなありませんが(象も喋りますし)、人に伝える手段がどうするかですね……

jim > 竜って圧倒的なもの、言語を超越した肉体の最高の力だったらいいなと私は思うんです。

ほろっと > 基本話せる個体は友好的か、ボケ役なんですよね…

jim > 地震や地すべりに言葉は無いですし。

ほろっと > 自然そのもの、ですね

楓 > 確かに喋れる竜って人に友好的なのが多いかも

楓 > 言葉を超越……むぅ、凄そうな表現です

jim > 友好的な竜っていいですね。ロマン感じます。>ほろっとさん

ラ・フランス > なるほど、では、最後に皆様から一言ずつ。自分から「CWはただでは終わらない!」

ほろっと > では、「CWを僕が存続させる!」

楓 > では、月並みですけど……「皆様、良いCWを!」

jim > う~ん。「CWはまだ研究し尽くされていない!」ですね。

ラ・フランス > 皆様、お忙しい中集まりありがとうございました、有意義な時間が過ごせました

ほろっと > こちらこそありがとうございました~

楓 > こう言う機会って滅多に無いので、楽しませて頂きました

jim > こちらこそ、このような場を提供していただき、ありがとうございました。


どうでしたでしょうか、第二回座談会は。前回の一対一の対談とはまた一味違って違って、

みんなでわいわいがやがや出来たと思います。第三回座談会はCW愛護やカードバトルシナリオ

がテーマで、それに興味がある方はブログのコメント欄に足跡を残して行ってください。


スポンサーサイト

コメント

No title

先日はお世話になりました(^ ^) 楽しかったです~

座談会が継続されていき、もっとユーザー間でのコミュニティが増えれば良いですね。

では、短いですけど……

No title

ラ・フランスさんこんにちは。先日はありがとうございました。

座談会の記事のリンクを、この記事に直接たどるように貼らせていただきましたので、ご報告します。また、私のブログのリンクにラ・フランスさんのお名前を追加させていただきました。

企画を立ち上げて運営していくのは大変だと思います。応援しています。


ありがとうございます

お二人まとめての返信になりますが

楓さん、座談会の継続は結構難しそうですけど、やれるところまで
やりたいと思います。

jimさん、応援の言葉ありがとうございます。前編の注は楽しく読ませていただきました。

お二人方、参加していただき、本当にありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rafrance55.blog58.fc2.com/tb.php/12-1a13e886

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。